IT職を辞めたいと思ったときに考えること

IT職を辞めたいと考えたときには、退職願を出してしまう前にワークスタイルについて再考してみましょう。正社員で必死に働いてきて疲労困憊になってしまっている場合や、プライベートの時間が取れないのを嘆いている場合などには、ワークスタイルを見直すだけでIT職で働き続けられる可能性が十分にあります。
勤務時間を削減するためにリモートワークで働ける職場を探すのは効果的な方法です。在宅勤務ならワークライフバランスも保ちやすく、子育てを理由にIT職を辞めたいと考えている人も両立しやすくなるでしょう。遠方のオフィスで働いていて通勤時間が問題になっている人もサテライトオフィスなどを利用できる職場を探せば問題は解決可能です。
一方、正社員で働くのにこだわらなければ、他にも魅力的なワークスタイルがあります。派遣社員やフリーランスで働くこともできるのはIT職の魅力です。残業の多さや仕事の単調さなどが悩みになってきた人は派遣社員になって働くのが有力候補になります。働いているのにあまり稼げていないというイメージが強かった人は、フリーランスをすると実力に見合った報酬を手に入れられるようになるでしょう。
派遣社員も同様の傾向がありますが、働く自由度の高さではフリーランスの方が優れています。自分で自由なスケジュールを立てて働きたいという人はフリーランスを選んだ方が良いでしょう。このような多様なワークスタイルを考慮してみると、自分なりに魅力的な形で働けるようになります。
上記以外にも、退職願を出す前に今一度、今の仕事を辞めたい理由と今後の身の振り方をしっかり熟考することが大切です。